2005年12月01日

運命の出会い〜スキー場〜

むかしむかし、



泡風呂の中から足が出てきてアハーンゴックンな時代、



いわゆるバブルの時代に、



Sという青年がいました。



Sは青春を剣道に捧げ、剣道で大学に進学し、



体育会系の中の体育会系の中で生きてきました。



棒と滴る液体Sの全てでした。











あ、もちろん竹刀と汗のことですよ。



そんなSはある日スキーに出かけました。



運動神経の良いSはスキーも得意でした。



颯爽と滑り降りるS



ゲレンデに流れているのは「ロマンスの神様」



あちこちでキャピキャピした女性が転んで「イヤーン」とか言ってます。





















でもSの周りにいるのはいかつい男・・・じゃなくて漢達



脳みそまで筋肉でできてるんじゃないかっていうような集団ですが、



Sも脳みそが筋肉でできていたので違和感は感じていませんでした。













そんな彼らは二人乗りリフトの列に並びました。



なかまできんにくんズは奇数だったので、



Sが一人余ってしまいました。



仕方なくたまたま近くにいた人とリフトに乗るS













しかし、ふと隣を見ると、



その人は女性でしかもすっごい美人でした。



Sは一発でその女性のことが好きになりました。



二人を乗せてリフトは上へ上へと上っていきます。







「話しかけたい。でもどうやって?」











なかまできんにくんS



筋肉のシナプスをフル稼働して、考えました。



今日は天候があまり良くない・・・

つまり肌が荒れがちだ・・・

ならばっっ・・・










そしてこう話しかけました。



















































「リップクリーム貸してください」









































「はい、いいですよ」













これがきっかけでこの二人は交際→結婚したそうな。



(俺の友達の親のなれそめに妄想を付け加えてみました)


posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 非モテネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな夢を見た

夢の中で僕は6歳だった。



母親に連れられて、近所の公園に遊びに来ていた。



季節は秋。遊びたいのになんだか早く日が落ちる。



夕日に照らされた木々の脇を抜け、母親の元へ帰ろうとした時、



並木に並んで設置されているベンチの一つに、1人の老人が腰掛けているのを見つけた。



彼は煙草を吹かしながら、視線をどこにやるでもなく、そこらへんに漂わせていた。



確かに生きている、生きているのだが、どこか死んだ人のようなオーラを彼は纏っていて、



6歳の僕はかつて感じたことのないそのオーラに惹かれるように彼に近づき、







そして、話しかけた。





















おじちゃん!おじちゃん!

何でこんなところに座ってるの?












それはね、この公園のこの場所から見える夕日がきれいだからだよ









老人は突然の質問に驚くこともなく、淡々とそう答えた。



しかも、まるでなんと質問されるのかあらかじめ知っていたのような口ぶりだった。



そしてそれ以上何も答えないまま、宙ぶらりんだった彼の視線は、



何mか離れた隣のベンチに静かに向けられた。















おじちゃん!おじちゃん!

あそこのベンチでお兄さんとお姉さんは何をしてるの?






それはね、きっとおままごとして遊んでるんだよ









彼の声には確かに、何かをあざけるような響きを含まれていた。



ただ、6歳の僕はそれに気付かず、ただ無垢な質問を続けた。













何であのお兄さんはお姉さんの方に手を回してるの?







それはね、肩にごみがついてたんだよ









あ! お兄さんがお姉さんとギュッギュッしてるよ

きっと仲が良いんだね!!












あぁ、きっとそうだろうね・・・









ねえ、おじちゃん。。。









やめろ。



俺は叫んだ。



でも、僕には届かない。



6歳の僕は、自分が言おうとしている言葉がどれだけ人を傷つけるか知らなかったのだ。



僕は、あまりに無垢だった。



























なんでおじちゃんはおままごとしないの?









沈黙。



数秒の沈黙の後、老人は笑い始めた。



それは聞いた人を笑わせるでも、怒らせるでも、不快にさせるでもない、



哀しく、切なくさせる笑い声だった。



彼は質問に答えず、こう言った。

















ボウヤ、君は大きくなったら1人でご飯を作れるようにならなきゃいけない。



なぜなら、君にご飯を作ってくれる女性はいないからだ。







ボウヤ、君は大きくなったら1人で家事をすべてできるようにならなきゃいけない。



なぜなら、君の服をたたんだり、部屋を掃除してくれる女性はいないからだ。







ボウヤ、君は大きくなったら1人で寝れるようにならなきゃいけない。



なぜなら、君の隣で寝てくれる女性はいないからだ。









ボウヤ、君は大きくなったら1人で強く生きていかなきゃいけない。



君は数え切れないくらいフラれるんだ。



フラれてフラれてフラれまくるんだ。



時には悪い女にひっかかって騙されたりもするんだ。



友達が彼女とイチャイチャしている間に、自虐と下ネタまみれのブログ書くんだ。



初体験は大学卒業記念に非モテ友達と風俗に行って、金をケチったばかりに山●花子みたいな女とやることになるんだ。



友達の結婚式に呼ばれては、帰って1人で酒飲むんだ。



友達が初めての子供を授かった時、出会い系に手を出して初めての素人に金ふんだくられるんだ。



友達がちょっとぐれてトイレで煙草吸っちゃった反抗期の子供と悪戦苦闘している時、イメクラで「女子高生でお願いします」とか言ってるんだ。



友達が初孫に会いたくて病院に駆け込んでいる時、初吐血で病院に担ぎ込まれるんだ。









だからっ・・・だから・・強く・・・強く生きるんだぞ・・・












気付けば、老人の吸っていた煙草の灰は全て落ちていた。



心なしか老人の身体がぼんやり透明になっていた。



最後に何かつぶやくと、彼は霧のようになって、そして消えた。



6歳の僕には老人が最後につぶやいた単語の意味は分からなかった。



でも、俺は知っていた。十分すぎるほど知っていた。



老人は































「ヒモテ」









と言ったのだ。



夕日がまぶしかった。
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 非モテネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*非モテ名言集

非モテは一日にしてならず



(非モテは突然なるものではなく、それまでの人生の積み重ねによってなるものである、ということ)























天は非モテの上に非モテを造らず、非モテの下に非モテを造らず



(非モテは女にモテないという点において、みな平等にかわいそうな存在であるということ)





















ブルーアイ、お前もか



(青い目をした欧米人の中にも非モテがいるということ。これこそが真の国際交流であり、国際理解である)























一人の非モテにも五人の脳内彼女



(非モテはたいてい、妄想の世界ではモテモテだということ)























モテぬならモテるまで待とう女たち



モテぬならモテてみせよう女たち



モテぬなら殺してしまえ女たち




(非モテの3通りの在り方を示したもの。一般的に一番上が安全で、一番下の境地まで達すると社会的にまずいことになります)























それでも非モテは続く



(写メを女性に見せたら「非モテには見えない」と言われて、返した言葉)























彼女をもたない、つくらない、もちこませない



(非モテ三原則。非モテの友情を保つために守るべきもの)























非モテなをもて絶頂をとぐ、いはんやモテをや



(非モテですらオ●ニーで気持ちよくなれるのだから、モテは女ともっと気持ちよくなれる、ということ)























敵はクリスマスにあり



(解説不要。類義語として「バレンタインのチョコの数、諸行無常の零個なり」がある)























非モテの非モテによる非モテのためのブログ



(まいさ小劇場)























童貞の童貞による童貞のための合コン



(クリスマス前に誰か救いの手を)

posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 非モテネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変換バトン

fromれご to友人

件名:無題









わ:分かってる

を:

ん:んだよ



分かってるんだよ、返事来ないことくらい…」













ら:来週

り:臨床

る:留守電

れ:連絡

ろ:論



留守電来週臨床論休講だって連絡したけど、ありがとうって返事すらないし」














や:やっぱ

ゆ:

よ:よ



やっぱダメなんだ…」













ま:まあ

み:見られてない

む:無理

め:メール

も:もう



まあもう無理さ、俺のメール見られてないんだきっと…」













は:話し

ひ:非モテ

ふ:負担

へ:返事

ほ:ホント



「どうせ非モテ話したり返事したりするのってホント負担・・・って思われてるんだ」













な:何か

に:日記

ぬ:

ね:ネタ

の:飲み



「あーぁ、何か日記ネタも思い付かないし・・・飲みたいぃ!」









た:大変

ち:近頃

つ:続き

て:徹夜

と:と



「…近頃大変徹夜続きだから変になってるかも。」













さ:さすが

し:仕方ない

す:すいません

せ:切ない

そ:相当



すいませんねぇ、さすがの俺も相当切ないもので…仕方ないと思って。」













か:彼女

き:綺麗な

く:くれ

け:結構

こ:好み



「つかもー!綺麗彼女くれ(笑)あ、でも結構好みとかどうでもいいかも」













あ:あーぁ

い:いいなー。

う:うらやましい

え:エロ

お:オープン



あーぁいいなーエロオープンな彼女、うらやましいよ」

















































from友人 toれご

件名:無題



「俺の彼女に手出したら殺すぞ」




















注:フィクションです。多分。というかそう思いたい
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Everything

近所のコンビニの中で あなたと巡り逢えた




不思議ね 願った奇跡が こんなにも側にあるなんて




逢いたい想いのまま 逢えない時間だけが 




自分の限度をすり抜けて




また思い出して あの人から注がれるあなたを




愛しき人よ 酔わせすぎないで 




吐き疲れて 眠る夜もあるから




過去を見ないで 飲ませて 私だけ













every1.gifYou're everything You're everything




雑酒なら想うより安く ノンアルコールならいらない



欲しいのはあなた




Oh Oh Yeah










どれくらいの時間を 永遠と呼べるだろう




果てしなく 長い時間なら




おなたと触れたい あなたと口づけたい いつでも




愛しき人よ 燃え続けていて 




いつものように 煙の渦の中で




この手はさんで 吸い込む 今日もまた










3ミリ.gifYou're everything You're everything




あなたと離れてる場所でも 




会えばきっと吸ってしまう どんな夜でも




You're everything You're everything




あなたの夢見るほど強く




ニコチン、タールの依存者に 今なっていこう





Oh Oh You're my everything

















thing2.gifYou're everything You're everything




あなたと離れてる場所でも 




会えばいつも消え去っていく 肺の健康も













enery2.gifYou're everything You're everything




大豆も想うより旨く ノンアルコールならいらない




欲しいのはあなた




You're everything You're everything






You're everything my everything
 












今日の格言:酒と煙草は全てを癒してくれる(ただし廃人限定)
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 替え歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼妹日記その1〜物音〜

・ある日の出来事を箇条書き




・両親&下の妹は旅行中









・うちに住んでるのは 妹 & その彼氏(M君) & たまに俺









・俺が飲みで深夜に帰宅









・聞こえてくるのは「おかえり」ではなく、妹&M君が部屋でイチャイチャ話す音









・ちゃんと食事できなかったので、ご飯をチンして居間で一人で食べる









・妹&M君居間へ









・妹、課題を始める









・俺、飯食いながら撮っておいたドラマ見る。M君も何となく見てる









・俺&M君、ドラマを見つつちょっと話す。ちょっと盛り上がる。





・妹はその間、課題課題課題。









・妹、機嫌悪くなる。









・妹→俺 「なんで帰ってきたんだよ、帰ってくんじゃねぇ」









理不尽









・ここ俺の家じゃん









・むしろこの家の住人じゃないのM君じゃん









・でも怖いので反論せずに、縮こまる俺。





・課題終わると、二人でまた部屋へ









最初から部屋で課題やれよ(心の声)









・邪魔しちゃ悪いので(俺の部屋と妹の部屋は隣通しで壁が薄い)部屋に帰りづらい









・居間でネットサーフィン









・気づけば2時過ぎてる









(というかまああの)がきこえないの確認









・部屋に戻り就寝











・俺は次の日、昼から外出してカラオケオール









・家に着いたの6時半くらい









・風呂入ってそのままバッタン









・11時半頃ちょっと目が覚める









・声がする









「おっぱい」









(というかまああの)









「おっぱい」









(というかまああの)









「いやぁ」









(というかまああの)









「次はお前の番だろ」









(というかまああの)









(というかまああの)









(というかまああの)















・音が鳴らないようにそっと携帯を開く









・キー操作音に気をつけながら 機能→音/バイブ→メロディ









・着信音ならす









・物音消える









・俺、起きて携帯を止める









・「んん、あぁ〜」とか寝起きの声を出してみる









・そのまま部屋を出る











朝日がまぶしかった
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*英辞郎ってなんじゃろう?その1

英辞郎のちょっとあれな訳や例文をあげてみる。
(英辞郎知らない人はalcでググってみてください)








ひどく女性にもてる →  be a big hit with the girls

安西先生・・・
ヒットが打ちたいです・・・


応用例:I have been no hit with the girls.

(年齢=彼女いない歴=童貞歴。これを非モテ三面等価の原則という)
















完全に振られる〔異性に〕 → crash and burn

すげぇ。
こんなにフられた時の心境を単純かつ完全に表した言葉が
他にあるだろうか、いやない。



応用例:In short, my life is endless crashing and burning.

(もうボロボロです)
















振られる〔恋人などに〕 → get the ax

と思ったらあったよ
直訳するなら「斧で頭を切られる」だそうです。
はっはっは、じゃあ俺は人生で頭がふっとび続けるって事ですね。
何度も生き返れるなんて便利だなぁ。(何か違う


応用例:I have got the ax for many times.

(ゾンビじゃああるまいし)















付き合う〔異性と〕 → go out

イギリス人も上手いこと言いますね。
確かに男女が付き合えば
男性のどっかから何かがgo out しますもんね。

ああ、俺も早く go out したいなぁ〜。(いろんな意味で)


応用例:Oh, my son. I'm sorry not to let you go out.

(@非モテを引き継いだ息子に対する父親のセリフ。A非モテがティッシュp(ry)

























ブスと付き合うやつ → beastmaster





beastmaster









beastmaster










beastmaster
























イ・・イギリス人って・・・容赦ねぇなぁ。。。



おまけ:授業中にこんなこと調べてみました。同意語をgoogleで検索してそのヒット数の差で実際に英語圏で使われる頻度を調査するというもの。

「(異性に)ふられる」の表現方法

crash and burn : 868,000

get dumped : 175,000

get the ax : 35,900

get the brush : 17,600

be jilted : 659



というわけで、クリスマス前にあわてて彼女作ろうとして失敗した人は

"Oh... I crashed and burned."

といえば、いいと思うよ!
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英辞郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おともだちのはなし〜今此処殴〜

あるひ、ぼくはおともだちのDくんとおはなししてました。

ぼくとDくんはおなじひもてなのでとてもなかよしです。






「俺たち非モテだよな、はっはっは」

そうだよね






「全然モテないよね」

そうだよね




















たかだか3人としか付き合ったことないしね

そうだよn・・・
えっ!?















「その内一人は俺が高三の時中三だったけど、
まあせいぜいそれくらいだよね〜、はっはっは」


・・・・・・・・・・・・・・







付き合って3日目でヤったけど、それくらいまあ普通だよな〜

・・・・・・・・・・・・・・




































じっぱち1.gif











!?

じっぱち2.gif



たまには殴っていいですか?




俺非モテと言われて 嬉しくなんかなくて

それでもまた続けて 「たった三人だけさ」

あなた笑ってさらに「高三で中三と…」

殴る勇気がなくて 後悔してます


僕が愛する人はみんな背を向けて

「ごめん無理だわ」そんな記憶しかないのに



非モテだもん!自分に言ってみたよ

自慢話じっとこらえて

非モテだもん!でももう限界かな?

こんな時殴っていいですか?





あなた非モテと言って でもその言葉嘘で

同情されてる事に 胸が痛みます

「それで三日ですぐにヤってしまったんだ」

なんてのたまう 分かったからもう言うんじゃねぇ


非モテだもん!自分に言ってみたよ

永遠にたった一人で

非モテだもん!でももう耐えられない

こんな時殴っていいですか?





僕の友達みんなカップルになって

なんで僕は(嗚呼)哀しくなるのだろう




モテるよ!誰か僕に言ってよ

永遠にモテない僕に

非モテだもん!自分に言ってみたよ

目の前でムカつく笑顔

非モテだもん!でも今耐えられない

こんな時殴っていいですか?




今ここで殴っていいですか?
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おともだちのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*おともだちのはなし〜近藤小過〜

ぼくのおともだちのCくんにはかのじょがいます。

とってもらぶらぶです。

あるひ、ぼくはCくんにそうだんされました。






「今さぁ、俺すっごくまみ(仮名)のことが好きなんだ」


そうだね






「でさぁ、付き合ってるわけだし、まああれするじゃん」


するよね












「でさぁ、この前彼女と初めてしようってことになったとき、コ●ドー●がちいさすg(ry」


死ねばいいとおm(ry














ぼくはCくんのことばのうらにいろんなものをかんじとりました。






・俺は彼女いるんだぞ、へへーん!

・俺は童貞じゃないぞ、へへーん!

・俺はでかいんだぞ、へへーん!
















とってもむかつきました。

ちくしょう、ぼくのだってでk




















励めども

励めどもなお

我が息子

使わざりけり

しゅんと縮まる






なんだかめからおみずがこぼれてきます。
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おともだちのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おともだちのはなし〜立直不全〜

ぼくのおともだちのBくんにはかのじょがいます。

とってもらぶらぶです。

あるひ、ぼくはBくんにそうだんされました。






「今さぁ、俺すっごくあみ(仮名)のことが好きなんだ」


そうだね






「でさぁ、付き合ってるわけだし、まああれするじゃん」


するよね






「でもさぁ、こっちがしたくても相手の都合とか気分でできない時あるじゃん」


あるね






「でも俺はしたくてしょうがないわけじゃん」


おとこのこだもんね






「そういう時はまぁ・・・オ○ニーするしかないじゃん」


するしかないね






「でもさぁ・・・」
















「あみ以外の女にたたなくなっちゃった」












・・・はあっ!?・・・






「だからぁ、あみ以外の女に興奮しないから、
オ○ニーしようと思ってもできなくて、
今すっごい困ってるんだ。どうしたらいいと思う?」






























死ねばいいと思う






三面等価(年齢=彼女いない歴=童貞)の俺に、
んなこと相談すんじゃねえよ!!
イヤミ以外の何物でもねぇよ!!
彼女以外じゃたたねえだと!!
こちとらオカズは幅広く何でもござれだ、
こんちくしょー!!!





















とこころのなかでおもいました。

でもぼくはとってもえらいので、ぐっとこらえました。

そして、こういいました。






「やってる時に彼女の写真でもとれば?」



オカズをどっかのほんをよんだときに

そういうしゅみもある、ていうことを

ぼくはしっていたので、そうあどばいすしてあげました。

するとBくんはうれしそうに






「ありがとう!今度あみに頼んでみるよ」


といって、さっさとかのじょのもとへいってしまいました。






















こんなともだちをもって、ぼくはきょうもしあわせです。

しあわせすぎてめからおみずがこぼれてきます。

posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おともだちのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。