2005年12月01日

*英辞郎ってなんじゃろう?その1

英辞郎のちょっとあれな訳や例文をあげてみる。
(英辞郎知らない人はalcでググってみてください)








ひどく女性にもてる →  be a big hit with the girls

安西先生・・・
ヒットが打ちたいです・・・


応用例:I have been no hit with the girls.

(年齢=彼女いない歴=童貞歴。これを非モテ三面等価の原則という)
















完全に振られる〔異性に〕 → crash and burn

すげぇ。
こんなにフられた時の心境を単純かつ完全に表した言葉が
他にあるだろうか、いやない。



応用例:In short, my life is endless crashing and burning.

(もうボロボロです)
















振られる〔恋人などに〕 → get the ax

と思ったらあったよ
直訳するなら「斧で頭を切られる」だそうです。
はっはっは、じゃあ俺は人生で頭がふっとび続けるって事ですね。
何度も生き返れるなんて便利だなぁ。(何か違う


応用例:I have got the ax for many times.

(ゾンビじゃああるまいし)















付き合う〔異性と〕 → go out

イギリス人も上手いこと言いますね。
確かに男女が付き合えば
男性のどっかから何かがgo out しますもんね。

ああ、俺も早く go out したいなぁ〜。(いろんな意味で)


応用例:Oh, my son. I'm sorry not to let you go out.

(@非モテを引き継いだ息子に対する父親のセリフ。A非モテがティッシュp(ry)

























ブスと付き合うやつ → beastmaster





beastmaster









beastmaster










beastmaster
























イ・・イギリス人って・・・容赦ねぇなぁ。。。



おまけ:授業中にこんなこと調べてみました。同意語をgoogleで検索してそのヒット数の差で実際に英語圏で使われる頻度を調査するというもの。

「(異性に)ふられる」の表現方法

crash and burn : 868,000

get dumped : 175,000

get the ax : 35,900

get the brush : 17,600

be jilted : 659



というわけで、クリスマス前にあわてて彼女作ろうとして失敗した人は

"Oh... I crashed and burned."

といえば、いいと思うよ!
posted by れご at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英辞郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。